ファイブス本草科学研究所について

物事は点から始まり線になり、三角四角になり円になり…といった具合に、我々をとりまく環境は常に変化・生成し続けています。 そういった環境の変化の中では、私たちの心にさまざまな喜怒哀楽の感情が発生します。良い環境に恵まれれば、もちろん私たちの心は自然と安定するでしょう。しかし、ちょっとしたきっかけで、不安、焦り、恐れ…といったマイナスの感情は現れます。そんな場合に、知恵と勇気を出し合って、 環境と個人との調和をできる限り円滑にしていく努力が必要になります。

中国の思想、陰陽五行説では、明るいところ・暗いところ、強いところ・弱いところ…等の二面性(陰陽)から、相対的・絶対的、あるいは時間と空間とその経過、地球と宇宙との関係へと変化を遂げ、全ての事柄の「調和」また「協調」などを説明しています。

当研究所では、こういった思想や本草学をベースに心と肉体、個人と他人との関係を主に研究しております。また、陰陽五行説における五行を五つの葉っぱ、ファイブリーブス(fiveleaves)として表現し、これを略して研究所名を「ファイブス」と名づけました。 主な研究テーマを以下に掲げます。

  • 1. 変化し続ける環境との調和
  • 2. より良い精神と肉体作り
  • 3. 各個人が生まれながらに備わっている身体・精神について
  • 4. 地球上のあらゆる生物との調和について

▲top